ソウルの基本情報

名称 ソウル(大韓民国の首都)
人口 約1,017万人
面積 約606㎢
言語 韓国語
通貨 ウォン
時差 日本との時差はない。サマータイムもない。
気候 日本と同じような気候で四季の区別があり、梅雨や台風シーズンもある。
春は穏やかで過ごしやすく、夏は暑くなるが湿度が日本に比べやや低い。
秋は朝夕に気温がかなり下がるので薄手の上着が必要。冬は氷点下になり、冷え込むので、防寒対策は必須。
日本からのアクセス 各地から直行便が運航。富士山静岡空港から約2時間10分。
成田・羽田空港からは約2時間40分。

ソウルオススメ観光スポット

景福宮(キョンボックン)
王朝の正宮として1395年に建設された宮殿。5大王宮の中で最も壮大で、建築美に優れている。過去には広大な敷地に数百棟の殿堂楼閣があったが、再建や移転などを経て、現在は10棟ばかりが残っている。韓国伝統衣装の韓服、いわゆるチマチョゴリなどを着ていれば入場無料となる。

景福宮(キョンボックン)
Nソウルタワー

Nソウルタワー
標高262mの南山の頂上に建てられた韓国初の電波塔。2005年大々的にリニューアルされた。中心街の各所から見えるソウルのランドマークで、夜は幻想的にライトアップされる。デジタル施設やイベント会場、最上階には展望レストランもあり、人気スポットとなっている。

ソウルオススメグルメ

チーズタッカルビ
日本でも人気の「チーズタッカルビ」。「タッカルビ」とは鶏肉と野菜をコチュジャンベースの甘辛いタレで炒めたもの。韓国では昔からある名物料理のタッカルビにチーズを絡める食べ方が韓国や日本で流行している。韓国風のチーズフォンデュのようなもの。とろけたチーズが辛さを和らげてくれるので、辛い料理が苦手な人からも人気。

チーズタッカルビ
ソルロンタン

ソルロンタン
牛の足の骨やあばら肉、肺、内臓などを鍋に入れて煮立て、ダシをとったスープ料理。素材の旨味が十分に染み出た乳白色のスープは、コクがありながら意外にあっさりしている。食べるときは塩と長ねぎで味をととのえ、ご飯を入れて食べる。消化が非常に良いので、老若男女に愛されるメニュー。老舗からチェーン店まで多くのお店で提供されている。