土鍋でおいしくクッキング
グリルで簡単料理
健康パワーアップごはん
コンロでもう一品

記憶力アップメニュー さんまのさんが焼き

さんまは健康にも美容にも嬉しい栄養が豊富に含まれています!
秋の魚の代表格であるさんまは、栄養が豊富に含まれています。中でもDHAは青魚に多く含まれ、記憶力や老化防止など、脳に関係する場所に効果的に作用するといわれています。他にも、肌トラブルを防ぐ効果があるビタミンや貧血を予防する鉄分などが豊富に含まれるため、子どもから大人まで積極的に食べたい食品です。

さんまのさんが焼き

材料(2人分) 1人当り 463.5kcal

さんま・・・2尾
れんこん・・・100g
長ねぎ・・・1/3本
しょうが・・・1片
大葉・・・8枚
サラダ油・・・適量
みりん・・・大さじ2
味噌・・・大さじ1

■作り方

  1. 1.さんまは三枚におろし、皮をひいて包丁でたたきます。れんこん、長ねぎ、しょうがはみじん切りにします。大葉は軸を切り落とします。

  2. 2.ボウルに1を加え、みりんと味噌を加えて混ぜ合わせます。

  3. 3.8等分にし、平たい丸型にして大葉の上に乗せます。

  4. 4.フライパンにサラダ油を熱し、大葉のついていない面から中火で焼きます。

  5. 5.焼き色がついたら裏返し、蓋をして弱火で焼きます。

■POINT・ひとこと
なめろうを焼いたもので、房総半島の漁師料理です。
さんまは粗くたたいて食感を残しましょう。
れんこんのシャキシャキ感がいいアクセントになっています。