三ツ谷白菜

箱根西麓三島野菜の1つで、三島市三ツ谷地区で作られる「三ツ谷白菜」は知る人ぞ知るブランド野菜です。生産地域が限定されるため、希少価値が高い逸品として知られています。12月から2月に旬を迎え、直売所や県東部のスーパーなどで販売されます。

<特徴>
三ツ谷白菜は身が締まっていて味が濃く柔らかいのが特徴です。越冬させるために、白菜の頭をひと玉、ひと玉、丁寧に縛る伝統的な方法を採用しています。霜が降りるとエグ味が取れ、寒さに耐えた白菜は、糖度が高く、旨味が強い「霜降り白菜」になります。

<栄養>
白菜の約95%は水分ですが、風邪予防に効果的なビタミンC、高血圧予防にカリウムなどのミネラル類がバランスよく含まれています。また、食物繊維が豊富なので整腸作用やダイエットなどにも最適な食材です。