辛い症状をやわらげる 花粉症対策

そろそろ花粉症の方には辛い季節がやってきますね...
くしゃみの連発に、水のような鼻水・・・。夜もよく眠れないという方も。
ご家族に花粉症の方がいる場合は、ご家族も協力して少しでも症状をやわらげてあげましょう。
また、衣類乾燥機やミスト付き浴室暖房乾燥機、空気清浄機付きファンヒーターなど、花粉症の方に心強いガス器具もたくさんあります。

2010年の花粉飛散量
花粉は雄花から作られます。雄花生産量は、前年の夏の天候との相関が高く、中でも日照時間との関係が深いことがわかっており、これは光合成によって生産量が多くなるためだと考えられます。09年は梅雨明けが遅れ、全国で日照時間が少なくなりました。また、全国のウェザーリポーターの「雄花リポート」を見ると、08年より「雄花の数が少ない」と感じている報告が多く見受けられます。以上のことから、2010年は09年よりも飛散量は少なく、ほとんどのエリアで09年の半分以下と予想され、過去数年で最も少なくなりそうです。
※ヒノキ花粉は、スギ花粉と飛散傾向が似ているため、ヒノキ花粉も少ないとみています。

<花粉をブロックしよう>
家の中に花粉が入ってこないように、また、入ってしまったら除去するよう気をつけましょう。

★ 帰宅時
■ コートや帽子・マスクは玄関の外で脱ぎ花粉をはらい落とす。
■ うがい・手洗い・目洗いをする。
■ 早めにお風呂に入り洗髪する。

★ 部屋の中の花粉を除去
■ 花粉の多い時期は特に水拭きをする。
■ こまめに掃除機をかける。

★ 外出時
■ マスク・めがね・帽子を着用する。
 花粉が多く飛ぶ日・時間帯に注意
■ 晴れて気温が高い日
■ 乾燥して風が強い日
■ 雨の翌日の晴れた日
■ 太陽が昇り気温が上がった時間
■ 夕方気温が下がる時間

<ストレスをためない>
ストレスが溜まると症状を悪化させることもあります。
★ 十分な睡眠をとり、適度な運動をこころがけましょう。但し、花粉症の方はインドアの運動がおすすめです。