土鍋でおいしくクッキング
グリルで簡単料理
健康パワーアップごはん
コンロでもう一品

健脳メニュー かぼちゃの豆乳スープ

栄養価の高いかぼちゃと豆乳で脳のアンチエイジング
かぼちゃは「冬至に食べると病気にならない」と古くから言われてきたように、とても栄養価の高い野菜です。グルタミン酸を含む豆乳と組み合わせることで、健脳効果が期待できます。また、豆乳には、「脳の栄養素」と呼ばれる“ホスファチジルセリン”も含まれており、記憶維持、学習能力、集中力維持などが期待されています。

かぼちゃの豆乳スープ

材料(2人分) 1人当り 161.0kcal

かぼちゃ・・・1/8個
豆乳(成分無調整)・・・400ml
しめじ・・・1/2袋
塩・・・小さじ1/3
粗挽き黒こしょう・・・適宜


■作り方

  1. 1.かぼちゃはわたと種を取り、一口大に切ります。耐熱皿に並べてふんわりとラップをかけ、電子レンジで3分ほど加熱します。皮を除いてボールに入れ、フォークなどで粗くつぶします。

  2. 2.しめじは石突きを切り落とし、小房に分けます。

  3. 3.小鍋に豆乳、かぼちゃ、しめじを入れて弱火にかけ、4~5分煮ます。塩をふって混ぜ、器に盛って、粗挽き黒こしょうをふります。

■POINT・ひとこと
粗めにつぶしたかぼちゃとしめじで、食べるスープ風に♪
体調を崩しやすい季節の風邪予防メニューとしてもオススメです。