オークランドの基本情報

名称 オークランド(ニュージーランド最大の都市)
人口 約160万人
面積 約4,800㎢
言語 英語、マオリ語
通貨 ニュージーランドドル
時差 +3時間。9月最終日曜~4月第1日曜のサマータイム期間は+4時間。
気候 海洋性気候に属し、年間の気温差は10度もない。
しかし1日の中に四季があると言われるくらい変化が激しい。
気候の変化に合わせて着脱できるジャケットなどがあるといい。
年中紫外線が強く、対策は必須。
夏にあたる12~2月の暑さは日本の初夏ほど。
冬にあたる6~8月は雨が多い。
突然の雨に備えて折り畳み傘があると安心。
日本からのアクセス 成田・羽田・関西空港から直行便が運航している。
飛行時間は平均10時間40分。

オークランドオススメ観光スポット

スカイ・タワー
地上328mの高さを誇る、南半球で一番高いタワー。オークランドのシンボルとなっていて、年間75万人以上の観光客が訪れる。展望デッキからは街を一望することができ、天気がよければ80km先まで見渡せる。高さが異なる3つの展望フロアが設けられ、座席がゆっくりと一回転する展望レストランや、安全装置を付けてビルの谷間に飛び降りるスカイジャンプも人気。

スカイ・タワー
ウエスタンスプリングス公園

ウエスタンスプリングス公園
オークランド動物園と交通科学博物館に隣接した広大な公園。天然の湖と芝生の緑が美しく、固有の淡水ウナギの保護区域にもなっている。プケコやブラック・スワンなど、多くの野鳥を見ることができる。BBQ設備やピクニックテーブルもあり、休日には家族連れで賑わう。また、園内にスタジアムがあり、国内外のアーティストたちによるコンサートが開かれる。

オークランドオススメグルメ

ラム
人口の7倍も羊がいるといわれる羊大国のニュージーランドで定番の一品。生後12ヶ月までの仔羊をラムといい、柔らかく臭みがないのが特徴。ニュージーランドのラムは人工飼料ではなく、放牧で育てているので無農薬で安全。あばらや背骨がついた肉のラムチョップや、肩肉のラムショルダー、ラムシャンクなど部位によってさまざまな料理で楽しめる。

ラム
パブロバ

パブロバ
メレンゲを使った伝統的な焼き菓子に、生クリームとイチゴやキウイなどの季節の果物をトッピングしたもの。メレンゲ部分の甘さとあっさりした生クリーム、酸味のあるフルーツがバランスよくクセになるスイーツ。昔からクリスマスやおもてなし用のお菓子として愛されてきた。家庭や店舗によって、アイスクリームをはさむなど、アレンジが異なる。