『わした 静岡店』

わした 静岡店

今月は静岡市にある「わした 静岡店」さんにおじゃましました。沖縄の食品やお菓子、工芸雑貨、お酒などを販売している「わした」さんは、今年で15年目を迎えました。全国にある「わした」さんですが、県内ではこちらだけにあり、県内在住の沖縄出身者が多いことなどから、土日には市外からも老若男女、多くの方が訪れます。

わした 静岡店

豊富な品揃えの中でも人気商品は「海ぶどう」と「しまらっきょ」。生の海ぶどうは週1回金曜日に入荷し、すぐに売れてしまうほど。電話すれば取り置きも可能なので、確実に手に入れたい方は電話確認がおすすめです。「海ぶどう」はとてもデリケートな食材のため、夏や冬には気温差の影響などで店頭に並ばないこともあります。冬場は段ボールにカイロが貼られ、新聞やエアパッキンで巻かれて届くそうです。生の海ぶどうの賞味期限は収穫してから1週間程。たれをかけたり、水洗いして置いたりするだけで、海ぶどうの粒がつぶれてしまうため、食べる直前に食べる量だけ準備し、たれをつけて食べるのがおすすめと教えてくださいました。

わした 静岡店
わした 静岡店

残暑厳しいこの時期にはお酒と香辛料がおすすめ。「わした」さんはお酒の種類がとても豊富。オリオンビールは発泡酒や第3のビール、ノンアルコールまでさまざまな種類が販売されています。季節限定のものもあり、1缶から販売されているので、いろいろと飲み比べてみるのも楽しいですよ~。沖縄のお酒で有名な泡盛もお店の奥にたくさん陳列されています。それぞれに味の特徴や飲み方のオススメが書かれた、手書きのポップがついているので、自分に合った泡盛を探してみてはいかがでしょうか。

わした 静岡店

また、島唐辛子を使用した香辛料などは常時10種類近く販売されています。島唐辛子を泡盛につけこんだ「こーれーぐーす」や島唐辛子を粗挽きしたものなど、沖縄料理には欠かせないものばかりです。香辛料以外にも、塩やラー油、ドレッシングなど調味料が豊富に並んでいます。
暑い夏には美味しいお酒とクセになる辛さを求めて多くの方が購入されていきます。

わした 静岡店
わした 静岡店

もちろん沖縄銘菓もたくさんあります。「ちんすこう」や「紅いもタルト」、「サーターアンダギー」など、沖縄銘菓といえば!な商品がたくさん並んでいます。

わした 静岡店
わした 静岡店

沖縄のアイス「ブルーシールアイス(シングルは260円、ダブルは360円)」はイートインも可能。沖縄ならではの味である「塩ちんすこう」「うべ(紅山芋)」「さとうきび」などが人気の味です。「わした」さんでしか食べられない味をぜひご賞味あれ。

わした 静岡店
わした 静岡店

ブルーシールアイスを自宅で楽しみたい方にはカップ(270円)がおすすめ。イートインのみやカップのみでしか楽しめない味もあるので、いろいろ食べ比べてお気に入りの味を見つけてみるのもいいですね。

わした 静岡店
わした 静岡店

ランチタイムにはイートインコーナーで「沖縄そば(普通500円、大盛750円)」と「ソーキそば(普通550円、大盛800円)」がいただけます。大盛りはめんとお肉が2倍になり、とってもボリューミー。土日には「ゴーヤチャンプルー定食」か「ふーちゃんぷるー定食」がいただけます。定食には、じゅーしー(炊き込みごはん)、小鉢、スープがついて710円。じゅーしーの味は日によって異なります。カウンターには沖縄の新聞「沖縄タイムス」と「琉球新報」が置いてあり、自由に見ることができます。1日遅れではありますが、沖縄のさまざまな情報を見ることができるため、多くの方が閲覧されています。

わした 静岡店
わした 静岡店

食品だけでなく、沖縄の工芸雑貨も充実。入口近くには可愛らしいシーサーが、お店の奥には涼しげな琉球ガラス作品が販売されています。こちらの琉球ガラスは、沖縄県の伝統工芸品に認定され、日々発展しているもの。戦後、コーラやビールのガラス瓶を再生したことが始まりとされ、気泡や厚みも一風変わったデザインとして多くの人から愛されています。さまざまな色がありますが、赤色は特に色を出すのが難しく、手間がかかると店員さんが教えてくださいました。

お店に行くだけで沖縄気分を感じられる「わした 静岡店」さん。この夏最後の旅先は沖縄で決まりですよ~。

お店DATA

『わした 静岡店』

住所 静岡市駿河区小黒3-11-12 TEL/FAX 054-203-4717/054-203-4718
営業時間 10:00~19:30(ランチタイムは11:30~14:00) 定休日 年始
駐車場 7台

お店MAP

編集独り言

今月のプレゼントには「わした」さんの琉球ガラスがありますよ~。こちらもぜひチェックしてくださいね~♪