『仲村鍛金(たんきん)工房』

今月は伊東市にある「仲村鍛金工房」さんにおじゃましました。こちらは銅や銀などの金属の板を金槌で叩いて、作品作りの体験ができる工房です。鍛金体験ができる所で年中体験できるのは日本全国でも数えるほどしかないため、県内外から老若男女、多くの方が訪れます。中には鍛金体験をしたいから伊東に旅行に来た・・・なんて方もいらっしゃいます。

体験教室では2~3時間かけて一つの作品を仕上げていきます。金属の板を必要な形に切り出すところから行ない、仕上げや手直し以外のほとんどを体験者が行ないます。金槌で金属を叩く作業ができればどなたでも体験できるので、小学校高学年以上の方なら完成まで一人でできちゃいます。工房内はペット可なので、ペットと一緒に旅行される方でも安心。アクセサリーやスプーンなどはその日に完成できますが、ミニフライパンは時間がかかるため、数回に分けて製作します。遠方から体験に来られる方も多いですが、次回の日にちは決めないため、再び伊東を訪れたときに続きをやられる方が多いそうです。また、製作途中のものは持ち帰って使用することができます。少しずつ変形していくため、フライパンになる前にお皿やボウルなどとして使用できます。使用しても作品作りには全く影響ないそうです。

体験教室には定期開催される継続教室(入会金10,000円、月謝5,000円+材料費、第2・4木曜日)もあり、10年以上通われている生徒さんの中には賞を取る腕前の方もいらっしゃいます。こちらの大きな鍋は生徒さんの作品。継続教室では、生徒さんが作りたいと思ったものを作っており、個性あふれる作品がたくさんあります。

仲村さん自身も日々作品を製作しています。仲村さんが鍛金を始めたのは意外にもアルバイトがきっかけ。友人の紹介でアルバイトをしたところが鍛金工房だったそうで、そのまま職人の道に進まれました。以降日展で入選されるなど、たくさんの作品を製作されています。工房内にはものすごい数の金槌が!この金槌を使い分けることでさまざまな作品が生まれています。ビニールがかぶせてあるのはサビ防止のため。鍛金で使用する道具は手入れを怠るとサビついてしまうため、サビ防止の手入れがかかせないそうです。そんな丁寧な中村さんの人柄が作品にも表れています。

工房内にあるスタンドライトなども仲村さんの作品です。小さなスプーンから大きなスタンドライトまでさまざまなものを製作している仲村さん。作品によっては数ヶ月かけて製作するものもあるそうです。そんな仲村さんの作品はインターネットや不定期に開催される展示会などで購入することができます。展示会の情報など詳しくはホームページをご覧ください。

日本で数少ない鍛金体験ができる「仲村鍛金(たんきん)工房」さん。仲村さんの優しい指導の下、金属の板が変形していく過程を楽しみながら作品作りをしてみてはいかがですか?ご希望される方は2~3日前までの予約をお忘れなく!

お店DATA

『仲村鍛金(たんきん)工房』

住所 伊東市十足608-86 TEL 0557-45-6910
営業時間 10:00~16:00(要予約) 定休日 不定休
駐車場 3台 体験料 5,000円~(作品によって異なります)
  

お店MAP

編集独り言

硬くて冷たい金属の板が、あたたかみあふれる作品に仕上がっていきます。手作業だから出る味わいをぜひ!