土鍋でおいしくクッキング
グリルで簡単料理
健康パワーアップごはん
コンロでもう一品

ガン予防メニュー 春野菜のミルクスープ

栄養価が高い葉もしっかり摂取しましょう!
かぶの葉はカロテンビタミンB1、B2、Cなどを豊富に含んでいます。にんじんやブロッコリーにも含まれるカロテンには、免疫力を高めて皮膚や粘液を強くする、ガンや心臓病、動脈硬化などを予防する効果があるとされています。また、かぶの実と葉の両方に含まれる辛み成分グルコシアネートは発ガン性物質を解毒し、活性酸素を取り除く働きもあります。

春野菜のミルクスープ

材料(2人分) 1人当り 175.5kcal

かぶ・・・1個
にんじん・・・1/4個
ブロッコリー・・・1/3株
ツナ(水煮缶)・・・小1缶(80g)
牛乳・・・200ml
塩・こしょう・・・各少々
バター・・・10g

<A>
水・・・150ml
顆粒コンソメ・・・小さじ1

■作り方

  1. 1.かぶは茎を少し残して皮をむき、薄いくし形切りにします。かぶの葉は3cm長さに切ります。にんじんは1cm幅に切ります。ブロッコリーは小房に分けます。

  2. 2.鍋にバターを中火で熱し、かぶとにんじんを炒めます。

  3. 3.<A>を加え、強火で煮立たせます。

  4. 4.ツナを缶汁ごと加え、中火で2~3分煮ます。

  5. 5.牛乳とブロッコリーを加え、ときどき混ぜながら、野菜に火が通るまで煮ます。

  6. 6.塩・こしょうで味を調整します。

■POINT・ひとこと
ツナ缶の旨味が牛乳たっぷりのスープに溶け出します。
野菜たっぷりの優しい味わいです。