土鍋でおいしくクッキング
グリルで簡単料理
健康パワーアップごはん
コンロでもう一品

骨粗しょう症予防メニュー 香り野菜とカニのおひたし

春菊と小松菜は栄養価の高い緑黄色野菜です!
春菊には牛乳以上、小松菜には牛乳並みのカルシウムが含まれており、野菜のなかではトップクラスです。骨粗しょう症予防に役立つカルシウムは、きのこ類に多く含まれるビタミンDと合わせることで吸収が高まります。また、小松菜には風邪予防や美容効果のあるビタミンC、春菊にはせきを鎮める効果がある香り成分のペリルアルデヒドが含まれるなど、積極的に摂りたい食材です。

香り野菜とカニのおひたし

材料(4人分) 1人当り 40.3kcal

春菊・・・1束
小松菜・・・2束
しめじ・・・100g
カニ缶詰・・・小1缶(70g)

<A>
だし汁・・・250ml
醤油・・・大さじ2
酒・・・大さじ1

■作り方

  1. 1.春菊と小松菜は長さ4cmに切って、葉と茎に分けます。しめじは石突きを取って小房に分けます。カニは缶汁を切ります。

  2. 2.春菊と小松菜はそれぞれ塩(分量外)を加えた熱湯で茎、葉の順に茹で、冷めたら水気を絞っておきます。

  3. 3.鍋に<A>を入れてひと煮立ちさせ、しめじをさっと煮てから火を止めます。

  4. 4.ボウルに春菊、小松菜、カニを入れて3をかけます。

  5. 5.粗熱を取り、冷蔵庫で1時間以上冷やします。

■POINT・ひとこと
浸して時間を置くことで、だしの美味しさをより感じられます。
お好みの香り野菜でも代用できるので、アレンジのバリエーションが豊富です☆