土鍋でおいしくクッキング
グリルで簡単料理
健康パワーアップごはん
コンロでもう一品

生活習慣病予防メニュー 秋鮭の南蛮漬け

油で揚げないので簡単&カロリーOFF♪
鮭に豊富に含まれるEPAは、血栓を予防し動脈硬化や心筋梗塞・糖尿病などの生活習慣病の予防に効果があります。また、鮭に多いビタミンDはカルシウムの吸収を高め、骨粗しょう症の予防効果もあり、酢と合わせることでさらに吸収率が高まります。

秋鮭の南蛮漬け

材料(4人分) 1人当り 247.5kcal

生鮭・・・4切れ
玉ねぎ・・・1個
ピーマン・・・2個
にんじん・・・1/2本
塩こしょう・・・少々
小麦粉・サラダ油・・・適量

<A>南蛮酢
昆布だし・・・200ml
酢・・・150ml
醤油・酒・みりん・・・各大さじ2
砂糖・・・大さじ4
塩・・・小さじ2/3
赤唐辛子・・・2本

■作り方

  1. 1.<A>を鍋に入れて強火にかけ、煮立ったら火を止めます。冷めたらバットなどの容器に移し、冷蔵庫で冷やしておきます。

  2. 2.玉ねぎは薄切り、ピーマン・にんじんは細切りにします。鮭は皮を取り、1切れを4等分に切り、両面に塩こしょうを振り、小麦粉を薄くまぶします。

  3. 3.フライパンにサラダ油を熱し、野菜を炒めます。火が通ったら軽く塩こしょうで味をつけ、1の南蛮酢の中に入れます。

  4. 4.同様に、フライパンにサラダ油を熱し、鮭を中火で両面焼きます。鮭に火が通ったら熱いうちに南蛮酢に15分ほど漬け込み、器に盛ります。

■POINT・ひとこと
鮭が熱いうちに南蛮酢に漬けると、味がよく染み込み、油っぽさもなくなります。冷蔵庫で2~3日保存できるので、作り置きおかずにも♪